心身ともにリフレッシュしたいなら、自然のパワーを活用!

Vida verde! 緑のある生活

緑が豊かな公園の近くで暮らしてみよう

大都市にお住まいの方へ

当サイトでは緑豊かな環境で暮らすことによって得られるさまざまなメリットや自然豊かな都市を紹介しています。大都市になればなるほど自然のある環境は少なくなりますが、公園の近くに住んだり観葉植物をインテリアに取り入れたりすることで身近に感じることができます。

読み始める前に

サイトポリシー

    

多様な使い方ができる公園の近くに住もう!

多様な使い方ができる公園の近くに住もう!

住まいを選ぶ際の条件とは?

新しく住まいを探すときは、スーパーや銀行などの買い物環境や学校や駅までの距離などさまざまな条件を照らし合わせながら検討するはずです。なぜなら快適に暮らすためには周辺の環境が重要になってくるからです。
確かにそれらの条件は住まい探しには欠かせませんが、意外と見落としがちなのが公園までの距離です。自然環境にあふれた公園の近くは日当たりや風通し、災害対策などさまざまなメリットがあるため条件に合うエリア内に公園があるのなら、その近くの物件を検討してみましょう。

公園の近くはメリットがたくさん!

公園が自宅から近いかどうか、小さな子どもがいるような家庭ならば重視するかもしれませんが、一般的にはそれほど重視しないはずです。ですが、公園の近くはメリットがたくさんあって住みやすいのでおすすめです。
公園には小さな子どもが遊ぶような遊具だけでなく、強い日差しを遮る大きな樹木もたくさん植えられているため、気軽に自然を感じることができます。また、公園内には風を遮るような大きな建物もありません。そのため、柔らかい自然光を感じることができ、風通しも抜群です。自宅が公園の目の前にある場合、日当たりや風通しの良さは確保されているようなものなので資産価値も高まることでしょう。
また、公園というスペースがあることで近隣ともある程度距離が取れているため、他の人の視線や生活音も気になりません。
近年、災害時の避難所として公園も使われるようになりましたが、公園が近いということは避難所も近いということです。万が一の際にも慌てずに動くことができます。
公園には小さな子どもからお年寄りまで、さまざまな世代の人が訪れています。そのため、人が集まる昼間などは子どもの遊ぶ声や話し声などが気になってしまうかもしれませんが、人が多いということはそれだけ人の目もあるということです。人の目がたくさんあることで空き巣などの防犯対策にもなります。ですが、人が多い昼間と違い、夜は人通りがほとんどなく死角も増えるため住まいの防犯対策や我が身の防衛対策はしっかりと行っておきましょう。

公園でのんびり過ごそう

公園には小さい子ども向けの遊具が設置されているためどうしても親子連れの割合が高くなりますが、遊具だけでなくベンチや広場もあり自然も身近に感じられるのでのんびりと過ごすには最適な場所です。
公園内は樹木などの緑によって空気がきれいに保たれているため、気分も解放されやすく日々の疲れやストレスを解消することができます。お天気の良い日にはレジャーシートを広げてピクニックをしたりお昼寝をしたりするのもいいかもしれません。心身ともにリフレッシュできることでしょう。
また、公園の中をゆっくりと散歩するのもリフレッシュになります。時間に関係なく目の前にある自然を目や肌で感じることで普段の生活では感じられないような充実感を味わうこともできます。もし疲れたならところどころにベンチが設置されているので、腰を下ろしてゆっくり休みましょう。

大都市で身近に自然を感じたいのであれば公園の近くに住むといいでしょう。公園には樹木や花々もあり土地も開けているため爽やかな空気を感じることができます。小さな子どもを対象とした遊具が置かれているため親子連れが数多く訪れていますが、芝生もあり、休憩に便利なベンチが設置されているところも多いので世代に関係なくのんびりと過ごすことができます。晴れている日にはレジャーシートを広げてピクニックやお昼寝をしてもいいでしょう。

大阪市の北側に位置している豊中市は鉄道や高速道路が充実し、空港も近いため交通アクセスが良好な都市です。また、市民の救命に対する意識も高く、救急講習の修了者数や救急救命士の数は全国でもトップクラスに入るほどです。そのため、市内のどこで体調を崩しても迅速な処置を受けることができます。市内にはたくさんの公園がありますが、その中でも古い歴史のある千里中央公園には300本の桜が植えられており、春にはたくさんの人がお花見に訪れています。

府中市は東京という大都市にありながらも公園が多く自然を身近に感じることができます。ベッドタウンとしての要素も持っていますが、市内を拠点としている企業も多く一般的なベッドタウンとは一線を画しています。市内にある府中の森公園は授乳室やおむつ交換台も完備されているため小さな子どもがいる家庭も気兼ねなく行くことができます。公園には売店もあり、遊び道具や軽食を販売しているので手ぶらで行っても十分に楽しむことができるでしょう。

森林浴はリフレッシュ効果があるということで大変人気がありますが、その中でも滝や川など水辺の近くはマイナスイオンの効果も得られるということで訪れる人の数は少なくありません。しかし、マイナスイオンは科学的には証明されていないため森林浴はマイナスイオンの効果を得られるというよりも、植物が出すフィトンチッドによってストレスホルモンが低下し、自然に触れることで癒しを得られることだといわれています。

Vida verde! 緑のある生活