心身ともにリフレッシュしたいなら、自然のパワーを活用!

Vida verde! 緑のある生活

自然の癒し効果や家賃が手頃な木造一戸建てに暮らしてみよう

大都市にお住まいの方へ

当サイトでは緑豊かな環境で暮らすことによって得られるさまざまなメリットや自然豊かな都市を紹介しています。大都市になればなるほど自然のある環境は少なくなりますが、公園の近くに住んだり観葉植物をインテリアに取り入れたりすることで身近に感じることができます。

読み始める前に

サイトポリシー

    

メリットがたくさんの木造一戸建てに住もう!

メリットがたくさんの木造一戸建てに住もう!

メリットが多い一戸建て

部屋を借りる場合、マンションやアパートは数が多いこともあってそれらをメインとして考え、一戸建てを検討している人はそれほど多くありません。ですが、一戸建てはマンションやアパートに比べると家賃価格が手頃で生活音も気にならないなどメリットもたくさんあります。

小さな子どもがいる家庭にピッタリ

マンションやアパートの場合、隣とは壁でしか区切られていないめ、足音や話し声などの生活音をなるべく立てないように気を遣いながら暮らさなければいけません。しかし、小さな子どもに泣き声や足音が響かないように生活させるのはかなり無理があります。ですが、一戸建てならば家自体が自分たちの空間になり左右はもちろん上下の音も気にしなくていいので、子どもに無理をさせずのびのびと暮らすことができます。
また、庭付き一戸建てならば庭で遊ばせることができたり家庭菜園で野菜を収穫したりと目の届く範囲で安全に自然と触れ合うこともできます。

家賃価格もお手頃

一戸建てがあるのはたいてい駅前などの中心部よりも郊外の住宅街です。そのため交通アクセスの利便性が高い中心部よりも手頃な家賃で部屋数の多い物件を借りることができます。その分、交通費はかかってしまいますが、家賃価格と比べると一戸建ての方が断然お得です。
また、一戸建てはマンションやアパートと違って管理費がかからないところがほとんどです。そのため、家の維持管理や防犯管理は自分たちで行わなければいけません。築年数が古い物件も多いので維持管理については事前にきちんと話し合っておくといいでしょう。

定期借家契約が多い

一戸建ての賃貸の場合はほとんどが定期借家契約となっています。定期借家契約は一般的な賃貸契約とは違い、契約の更新がなく契約が終了すると同時に家を明け渡さなければいけません。もし契約期間が2年間と決まっていたら2年後には更新せず明け渡すことになります。契約期間は貸主の裁量で決められているため、1年という短いものもあればもっと長いものまでさまざまです。
基本的には更新できないはずの契約ですが、貸主と借主、双方の合意があれば場合によっては延長して住み続けることも可能です。
また、反対に何らかの事情で住み続けることが難しくなった場合は契約を中途解約することもできます。ですが、中途解約ができるのは床面積が200㎡未満と定められているため、注意が必要です。

リラックスできる空間は木造ならではの味わい

日本の一戸建て住宅は、そのほとんどが木でできています。木造住宅はその名の通り、材料に木材がふんだんに使われています。そのため、木目を見たり木の匂いを感じたりすることができます。木の持つ自然の力は癒しをもたらし、疲労回復や精神安定などリラックスさせる効果があるため快適な環境で暮らすことができます。
また、木材には梅雨時期など湿気の多いときは空気中の水分を木材が吸収して結露やカビを抑えたり、湿度が低い冬の乾燥時期はため込んだ水分を空気中に放出して乾燥を抑えたりする特性があります。これを調湿効果といいますが、鉄筋コンクリート構造にはない特性なので木造住宅ならではのメリットといえます。

大都市で身近に自然を感じたいのであれば公園の近くに住むといいでしょう。公園には樹木や花々もあり土地も開けているため爽やかな空気を感じることができます。小さな子どもを対象とした遊具が置かれているため親子連れが数多く訪れていますが、芝生もあり、休憩に便利なベンチが設置されているところも多いので世代に関係なくのんびりと過ごすことができます。晴れている日にはレジャーシートを広げてピクニックやお昼寝をしてもいいでしょう。

大阪市の北側に位置している豊中市は鉄道や高速道路が充実し、空港も近いため交通アクセスが良好な都市です。また、市民の救命に対する意識も高く、救急講習の修了者数や救急救命士の数は全国でもトップクラスに入るほどです。そのため、市内のどこで体調を崩しても迅速な処置を受けることができます。市内にはたくさんの公園がありますが、その中でも古い歴史のある千里中央公園には300本の桜が植えられており、春にはたくさんの人がお花見に訪れています。

府中市は東京という大都市にありながらも公園が多く自然を身近に感じることができます。ベッドタウンとしての要素も持っていますが、市内を拠点としている企業も多く一般的なベッドタウンとは一線を画しています。市内にある府中の森公園は授乳室やおむつ交換台も完備されているため小さな子どもがいる家庭も気兼ねなく行くことができます。公園には売店もあり、遊び道具や軽食を販売しているので手ぶらで行っても十分に楽しむことができるでしょう。

森林浴はリフレッシュ効果があるということで大変人気がありますが、その中でも滝や川など水辺の近くはマイナスイオンの効果も得られるということで訪れる人の数は少なくありません。しかし、マイナスイオンは科学的には証明されていないため森林浴はマイナスイオンの効果を得られるというよりも、植物が出すフィトンチッドによってストレスホルモンが低下し、自然に触れることで癒しを得られることだといわれています。

Vida verde! 緑のある生活