心身ともにリフレッシュしたいなら、自然のパワーを活用!

Vida verde! 緑のある生活

緑豊かな環境は視力回復にも効果的

大都市にお住まいの方へ

当サイトでは緑豊かな環境で暮らすことによって得られるさまざまなメリットや自然豊かな都市を紹介しています。大都市になればなるほど自然のある環境は少なくなりますが、公園の近くに住んだり観葉植物をインテリアに取り入れたりすることで身近に感じることができます。

読み始める前に

サイトポリシー

    

視力回復にも繋がる自然の緑!

視力回復にも繋がる自然の緑!

視力が低下する原因

視力が低下するにはいくつかの原因がありますが、その中でも一番多い原因は近距離でものを見続けることです。
読書やパソコン、スマートフォンを使う際は目の近くでものを見ることになるため、目の焦点距離が固定されてしまい筋肉も衰えてしまいます。このことにより視力が低下してしまうのです。視力も低下してしまうのです。これを防ぐためには、近くのものを見ないようにすることです。遠くを見つめることで目の緊張状態もなくなり疲労も軽減するため、視力の低下を阻むことができます。
また、見る色によっても目に与える影響は大きく変わってきます。
8月にアメリカで起こった皆既日食を思い出してください。皆既日食は月によって太陽が隠されてしまう現象ですが、皆既日食を見る時は目を傷めないよう日食メガネといわれる特別なメガネをかける必要があります。これは太陽を直接見るということで目に多大な負担がかかるからです。あまりにも太陽の光が強すぎるためこういった措置を取らなければいけませんが、これは光の波長が関係しています。

光の波長とは?

人は目に入る光を使ってものの色を見分けますが、それぞれの色は光の波長によって異なります。人が認識する色の波長域は380~780nmですが、赤色は610~750nm前後、黄色が590nm前後、緑色は500~560nm、紫色で400~135nmとそれぞれの色によって波長の長さは大きく異なっています。
人が弱いと感じるのはだいたい555nmですが、そこの波長域からすれば緑色に相当します。
そのため、緑色は目に優しく相性が良いとされ、目が疲れたら緑色を見ると良いと言われているのです。

緑色を見るには?

目の回復に効果のある緑色ですが、身近に緑を置きそれをいつも見るというのは簡単ではありませんよね。そこでおすすめなのが、公園で散歩をすることです。大小を問わなければ公園は至るところにあり、いつでも気軽に行くことができるうえ自然の緑もたくさんあるので遠くを見つめることもそれほど難しくありません。
公園に行くのであれば太陽が出ている昼間に行くといいでしょう。自然の緑を見て視力が回復するだけでなく、日光を浴びることによって精神が安定しリラックス効果を得ることもできるからです。
リラックス効果を得るためには1日30分ほど日光を浴びるのが良いとされています。30分間、姿勢を正して爽やかな自然の空気を吸い込みながら遠くを見るようにのんびりと散歩をするだけでも気分は大きく変わってきます。
目の疲れやストレスを感じるようなら、公園へ行ってリラックスすることをおすすめします。

大都市で身近に自然を感じたいのであれば公園の近くに住むといいでしょう。公園には樹木や花々もあり土地も開けているため爽やかな空気を感じることができます。小さな子どもを対象とした遊具が置かれているため親子連れが数多く訪れていますが、芝生もあり、休憩に便利なベンチが設置されているところも多いので世代に関係なくのんびりと過ごすことができます。晴れている日にはレジャーシートを広げてピクニックやお昼寝をしてもいいでしょう。

大阪市の北側に位置している豊中市は鉄道や高速道路が充実し、空港も近いため交通アクセスが良好な都市です。また、市民の救命に対する意識も高く、救急講習の修了者数や救急救命士の数は全国でもトップクラスに入るほどです。そのため、市内のどこで体調を崩しても迅速な処置を受けることができます。市内にはたくさんの公園がありますが、その中でも古い歴史のある千里中央公園には300本の桜が植えられており、春にはたくさんの人がお花見に訪れています。

府中市は東京という大都市にありながらも公園が多く自然を身近に感じることができます。ベッドタウンとしての要素も持っていますが、市内を拠点としている企業も多く一般的なベッドタウンとは一線を画しています。市内にある府中の森公園は授乳室やおむつ交換台も完備されているため小さな子どもがいる家庭も気兼ねなく行くことができます。公園には売店もあり、遊び道具や軽食を販売しているので手ぶらで行っても十分に楽しむことができるでしょう。

森林浴はリフレッシュ効果があるということで大変人気がありますが、その中でも滝や川など水辺の近くはマイナスイオンの効果も得られるということで訪れる人の数は少なくありません。しかし、マイナスイオンは科学的には証明されていないため森林浴はマイナスイオンの効果を得られるというよりも、植物が出すフィトンチッドによってストレスホルモンが低下し、自然に触れることで癒しを得られることだといわれています。

Vida verde! 緑のある生活